三重県活性化|地方活性化 地域活性化
プロフィール
三重県津市出身
東京都在住

地域活性化に興味を持ち、地元「三重県活性化」を意識しながら「地域活性化」のお手伝いをしてます。 地域活性化ブログ 三重情報へ
CATEGORIES
           
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
「地域活性化」ってなに?
地域活性化といっても、そもそも活性化って何?となるので調べておきました。

■活性化[名]
[提供:大辞泉]

1 特定の機能が活発になること。反応性が高まること。
2 組織などの活動を活発にすること。


■活性化(経済、社会科学)
[提供:Wikipedia]

主に地方自治体や産業界において、活性化センター、活性化機構など、活性化を名称に持つ組織が多数存在する。目的には次のようなものがある。 * 地域経済、市街地の活性化
* 組織、地域コミュニティの活性化
* 産業の活性化
* 観光の活性化

活性化の方法として、次のようなものが挙げられる。

* 新規参入の増加
* 雇用の創出
* 業績不振企業の撤退
* 公共事業の誘致
* 消費の質の向上

がある。しかし、実際には明確な定義が考えられて使われる場合は少なく、社会の発展や消費活動の向上に対する願望を込めて比喩的に用いられることが多い。
自分が思い描く地域活性化については後日、ブログで明記します。


ケース
MOBILE
qrcode
<< 「よそもの・わかもの・ばかもの」が地域活性の起爆剤 | main | サボっていてすみません。 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

なんか、違和感を感じませんか?!

好適環境水|地域活性化

・・・淡水魚と海水魚が共存しているんです。

これ、
岡山理科大学専門学校の山本俊政氏が発明した
「好適環境水」

すごいっ!!

と、2年くらい前にテレビで知ってから動向に着目しているのですが、
実験も進めているようで、度々メディアでも取り上げられるようになってきました。



内陸でも海水魚を育てることができる。って・・・
パラダイムシフトを起こす可能性を秘めてるな。って思ってます。

ITの発展で、情報の流通は速くなり、安くなりましたが、
物流については、速度と価格には限界があるので、
究極の地産地消はこういうところでしょうか。。。

海水がなくても、魚が生きることができるということなので、
「農村」だった地域でも、好適環境水を使えば「漁村」にもなる。

地域産業振興の手法が、いろいろ増えそうですね♪



▼参考文献
秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし
地ブランド 日本を救う地域ブランド論
世界初!マグロ完全養殖―波乱に富んだ32年の軌跡

≫他の記事もどうぞ
- 地域活性とファンドレイジング
- オープン・ガバメントの流れ
- 島田市山村都市交流センター「ささま」へ行ってきたよ
 
| 地域活性化 | 17:52 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 17:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする